肌の保水力が低下する原因は、次の2つです。 ・新陳代謝(?えると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)の低下 ・コラーゲンの減少 まず、保湿力の低下には、新陳代謝が大きく関係しています。 新陳代謝が低下してしまうと新しい肌を作ることができないため、いつまでも古い肌で生活をすることになっているでしょう。 古い肌は角質細胞がボロボロなので、いくら水分を与えても、吸収する事ができません。 そのため、肌の保水力をアップするには、新陳代謝を向上させる必要があると言われています。 また、コラーゲンが減少すると保水性も失われていきます。 コラーゲン(お菓子作りなどの材料としてよく使われるゼラチンの原料でもあります)がないのならどんなに水分を与えたとしても、すぐに肌が乾燥してしまうでしょう。 老化と共にコラーゲンの質が下がり、量も減少していき、肌の保水力が低下していきます。 だからこそ、美肌(美しい肌は女性の憧れですよね。すっぴんがキレイであれね、自信にも繋がります)を作るためにはコラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)が必要だといわれているのです。 肌の保水力(あまり色々な化粧品を使いすぎると、かえって肌の保水力は低くなるものです)をアップさせるためにも、不足しがちなコラーゲンを摂取するようにしてください。 食べ物でコラーゲンを摂ることも可能ですが、上手く吸収することができありませんから、コラーゲン(動物の生体の全タンパク質のうち、二割から三割を占めているそうです)配合のサプリメントや化粧品等を使用するのがオススメですー